プロフィール

    traveler1971

    Author:traveler1971

    マジックミラー号「早漏に悩む男性の暴発改善のお手伝いをしてくれませんか?」というAV作品がある。

    登場する4人の女性は、いずれも看護学生や保母さんという設定ではあるものの、実際はAV女優で、それ自体は「そんなもの」なので何とも思わないものの、4人それぞれが歩む人生にさまざまな思いを(勝手に)巡らせてしまう、お節介な46歳(笑)。

    1人目の「マナさん」は、AV女優としては「玉城マイさん」。
    写真でもそうですが、動いている姿からはとてもAV女優とは思えない「普通さ」で、信用金庫の窓口とかにいそうな感じですが、ツイッターでも明らかなようにパチンコが好きらしい。

    2人目の「カナコさん」は、AV女優としては「南菜々さん」。
    写真では、所謂「しゃくれ顔」に写るものの、動いている姿は男受けしそうな彼女は、現在、AV女優は辞めて夜のお仕事で荒稼ぎをされているらしく、ツイッターも、お金の臭いが漂います(笑)。

    3人目の「ナオコさん」は、AV女優としては「星空もあさん」。
    彼女をジャケットに起用すると売れ行きが違うらしく、本作でもメイン扱いで、動いている姿もおっとりしていそうで男どもの期待を裏切りませんが、もちろん演技(笑)。実際の彼女はツイッターで披露されている通りのアニメや声優好きの「オタク」らしく、おっとりというよりマイペースなイメージですが、地上波テレビのバラエティー番組にイメージ映像で登場する等、この4人の中では最も成功している方。

    4人目の「サキさん」は、AV女優としては「大石美咲さん」。
    写真では学級委員とかやっていそうな美人に写っていますが、動く姿は仕草が非常に可愛らしい女性で、女慣れしていない、それこそ童貞君などが勝手にイメージする女性像そのもの(笑)。そんな彼女は、本作が発売になる頃にはAVを引退して、普通の世界に旅立って行かれたらしいのですが、AVでは複数の名前があるらしく、作品にも恵まれたとは言えない印象・・・切ないね。

    たまたま1本の作品に名を連ねた4人の人生ですら、これだけ違うのだから、この星空の下には悲喜交々さまざまな人生があるわけで、『俺には、むずかしいことはよく分からねえけどね、あんた、幸せになってくれりゃ、いいと思ってるよ(車寅次郎:「男はつらいよ 葛飾立志篇」より)』・・・そんな気分です。


    スポンサーサイト
    2017/10/10 00:00 ときの流れ。 TB(0) CM(0)
    プレシーズンゲームでの印象も悪くはなく、開幕後もブラウンズとバイキングスが相手とはいえ連勝で、気のせいか現在のユニフォームもそれなりに見えるようになってきましたが(←これ、結構大事なことだと思う)、今年のチームには何だかワクワクしております(笑)。

    『今年のドラフト1巡指名選手:T.J. ワット』↓
    兄が偉大な選手であるがゆえにハズレだと痛々しい指名になるところでしたが、プレシーズンゲーム中から常にボールに絡む活躍で、ようやく片方のOLBを固定出来そうです。


    『今年のドラフト3巡指名選手:ジェームス・コナー』↓
    癌(がん)からの生還を果たした上、地元ピッツバーグ大学からの入団ということで、話題性は十分で実力もありそうですが、個人的には、もう少し真っ直ぐ走ってもいいんじゃないかな、なんて思うわけです。


    また、他チームからの加入組ではジョー・ヘイデンとタイソン・アルアルに期待しておりますが、どちらも「引退間際の1年をピッツバーグで」という移籍ではないだけに実力を発揮できれば大きく、実際、試合に出てキチンとボールに絡んでいる姿を見ると、現時点では良いお買い物だったと言えそうです。

    ところで、いつの間にか入団5年目を迎えていたランドリー・ジョーンズですが、入団当初は身体の細さもあって期待していなかったものの、今年のプレシーズンゲームでは、チームの司令塔としての貫禄を感じる場面もあり、バックアップとしては使えるQBになりそうな感じ。

    『あくまでハイライトですから!』↓


    『バックアップとしては』と書いたように、私は、彼をアーロン・ロジャースやトム・ブレイディと同列に扱うのは危険で、よほどの劇的成長を見せつけることでもない限り、現役も、あと2~3年と思われるベン・ロスリスバーガー後は、別途、正QBの獲得を考えるべきだろう。

    2017/09/21 21:13 未分類 TB(0) CM(0)
    農作業は腰への負担が大きいらしく、自らにも腰痛の気配を感じた私は、作業時、腰に負担が掛からないように気をつけるとともに、加齢による筋力の低下で腰を支える筋肉が弱くなり、これも腰への負担が増す原因になっているのではないかと考え、腹筋と背筋のトレーニングを始めました。

    しかし、腹筋は器具無しでも何とか出来るものの、背筋は器具を使わな方法はエビ反り式になり、腰への負担があるため、今回、IROTECの『バックエクスベンチ』と呼ばれる背筋トレーニング専用の器具を購入してみました。

    『かいこ~ん』↓
    箱は、縦82cm×横52cm×厚さ16cm×重量約10kgとなり、荷姿はコンパクト。
    im2513

    『若干不鮮明な組み立て説明書』↓
    ではありますが、完成品の画像をもとに部品を組んでいけば出来上がるレベルで、工具が別途14mm×1本、17mm×2本のレンチが必要とありますが、17mmは、片方を押さえていないと空転してしまうから2本と書いているだけで、17mmの開口部があれば1本はペンチ等でも代用可能。
    im2515

    『部品精度は価格相応』↓
    クッションの糸がほつれていたり、↓画像のように溶接が十分とは言えない部分があるものの、使用中にポキッと折れたり曲がったりしそうな箇所は無し。
    im2521

    『かんせ~い』↓
    設置面積(フットプリント)は縦43cm横107cmくらいで畳1枚に収まるサイズとなり、高さも72cm程度のため、考えていたほどの存在感は無いものの、販売ページの画像にあるような折り畳まれた状態にするためには2箇所のボルトを緩める必要があるため、この器具の折り畳み機能は引っ越しや長期間使わないときのためのものと考えた方が良いです。
    im2523

    ちなみに、この器具と最後まで迷ったのは以下の器具です。

    ①リーディングエッジ『シットアップベンチ』多機能であることに惹かれたものの、肝心の背筋トレーニングがエビ反り式であることで、脱落。

    ②同『バックエクステンションベンチ』高さ調整と器具本体の折り畳みがピン1本(工具無し)で可能なところと、足を固定するウレタンパッド側の高さ調整が可能な上、足を置く部分にステップが溶接されていて、トレーニング時の姿勢が安定することが期待できたものの、足を固定するウレタンパッド部分がボルトで固定されているため、コンパクトに折り畳みたい場合はこれを外すしかないという中途半端さと、何よりクッションが1枚もののため、男性にとってはトレーニング時にニョッキが圧迫されて痛くなるという切実な問題があり(笑)、脱落。

    そして、晴れて購入に至ったこちらの商品ですが、さすがに背筋トレーニング専用だけあって、(ニョッキも含め(笑))狙い通りの使用感が得られ、ホッとしているものの、気になったのは以下2点。

    ①『各部のガタつき』
    アマゾンの商品レビューでも「ガタつきはあるけど、使用時は問題無し」的なコメントがありますが、その通りで(笑)、クッションの片方に手を置いて体重を掛けるようなことをするとグラつくものの、器具に身体をセットすれば体重が掛かるので、使用時にガタつき、グラつきが生じて不安を感じるということはありませんでした。

    ②『サイズ』
    使用時のサイズとしてクッション部分が5段階(器具の高さ72cm~86cm、足を置く部分からクッションの先端までが92cm~112cm)に調整できますが、股下70cm弱の私が器具に身体をセットすると、クッションを一番下まで下げて丁度良いくらいなので、私より股下が短い方は要注意です。

    2017/08/15 00:00 家電・家具・雑貨 TB(0) CM(0)
    スーツを着ていたサラリーマン時代から、スラックスと靴のあいだから脛(すね)が見えてしまうのが嫌で嫌で仕方のなかった私は、年中、ハイソックスを履いていましたが、スーツを着なくなった今も、長靴を履くときにはハイソックス必須なので、いろいろ試しておりまして、今回はコチラ↓

    『WORK-Fit 6×2リブ ハイソックス <2足組〉 』↓
    2足で1,050円なので、ハイソックスであることを考えれば納得の価格。男性が履くことを前提にしているためか、サイズが26~28cmとなっているものの、靴サイズ26.5cmの私が履いても大き過ぎることはなく、ちょうど良いです(ちなみに、地肌が透けて見えない普通の靴下タイプです)。
    170903-1

    『口ゴム付近』↓
    一般的なリブ編みで、リブ幅は5mm。特徴的なのは口ゴムの丈が11cmもあること。もともと着圧ではないので足入れもスムーズで履き心地も良いのですが、綿が入っていない(素材構成:ポリエステル・レーヨン・ポリウレタン・ナイロン)ためか、長時間履いていると靴の中に若干蒸れを感じます。
    170903-5


    『爪先から踵(かかと)部分』↓
    爪先と踵部分は補強されているとの事ですが、特に生地が厚くなっているということはなく、破れるまで履いて見極めるしかありません。
    170903-6


    『総評』
    アマゾンでのハイソックスの相場は1足500円前後という印象ですが、その激戦区に投入された本製品は、『履き心地にとことんこだわった』と謳うだけあって、優しい履き心地が特徴。

    素材によると思われる僅かな蒸れが生じるため、夏場や、長時間、靴を履きっぱなしになる方は、これを考慮する必要があるものの、その必要のない方や、締めつけ感を嫌う方にはオススメのハイソックスです。

    2017/05/10 22:00 服・靴。 TB(0) CM(0)
    自賠責は、これまで何となく2年契約で更新してきましたが、考えてみると最長で5年間の契約が出来るうえ、1年あたりの保険料も契約期間が長いほど割安なので、今回は5年契約で更新しました。

    『5年契約の保険料は、(1年あたりで)1年契約の保険料の半額以下ですよっ!』↓
    20170827-2

    『平成33年といえば、BENLY9歳、わたくし50歳・・・』↓
    長期契約のメリットは保険料だけでなく、煩わしい契約更新の手続きも減るのでオススメですが、BENLYは9年乗っている状態なので、10年目以降、買い換えるかレストアか、考える上でも丁度良い時期になりそうです。
    2017-08-27

    なお、任意保険については、今年も無事故で1等級上がって10等級になり、前年同条件の補償内容で更新、保険料は19,000円となり、前年比で-270円でした。

    ちなみに、自賠責も任意も、更新時期が近づくと契約時に登録するメールアドレス宛にメールが届きますが、自賠責は更新1ヶ月前に1回、任意は更新1ヶ月半前から6回届きました(笑)。

    ・・・50歳ですか、そうですか。

    2016/12/18 17:33 保険&各種手続き。 TB(0) CM(0)
    検索フォーム